Rails Developers Meetup 2019 Day1 に参加しました!

Rails Developers Meetup 2019 に参加してきたので簡単にまとめます。

"Ask Me Anything" by DHH

  • DHHは時間ピッタリに現れる人と言う知見
  • JavaScriptは、料理に塩を振るみたいなものと言う表現好きw
  • Rubyはモンキーパッチできるから好き
  • Rubyを改善してきた、ActiveSupportでね

  • 生DHHを見れたのは感動!

  • 英語力が圧倒的に足りないことを痛感した...

アプリケーションを作るときに考える25のこと

www.slideshare.net

  • 狩野モデル
  • gemの探し方
    • アクティブな人のGemfileを覗くと良いgemに出会えたりする
  • GItHubでの検索について
    • vendor以下をコミットしている人がいて検索のノイズがひどくて辛い
  • Markdownの仕様がバラバラだから共通化しようというのがCommonMark

少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例

speakerdeck.com

  • サーバーはherokuで、USリージョンで遅いのはCDNでカバー
  • 東京リージョンのCDNを使えば、実質東京

Railsアップグレード、UIリニューアルを通じてのレガシーコード改善への道のり

美味しかったです! スライドはまだ上がっていないかな?

サーバーサイドエンジニアも知っておくべきフロントエンドの今

speakerdeck.com

  • 現状のフロントエンド界隈のことについて
  • Google developer関連の動画を見て勉強するのがおすすめとのこと

オンライン予約徹底解説

speakerdeck.com

  • 飲食店の予約に関する知見の塊の発表でした
  • 社長が飲食店を経営していた経験をもっていたからノウハウがあった

サービスを成長させる「仮説検証文化」のつくり方

speakerdeck.com

万葉のRails新人研修のコードレビューコメントを分析してみました

speakerdeck.com

  • 初級者が心配する「動くかどうか」は経験者の関心事ではない

AskDoctorsの13年目を支える技術

  • スライドの共有はまだない?
  • バージョン管理システム、チケット管理システム、使用言語がどう変わって行ったかの発表でした

7年目を迎えたRailsアプリケーションの傾向と対策

speakerdeck.com

  • DHH信者のみなさんこんにちは
  • レールを外れたときの対策について

Railsアップグレード百景

speakerdeck.com

  • Railsアップグレードの知見についての発表
  • すごく勉強になる

毎日の開発に役立つRailsプラグインづくりの秘訣

speakerdeck.com

    1. 人はなぜgemをつくるのか
    1. 現場の問題を解決するため

まだ40代後半のプログラマの話、あるいは50代プログラマについて考える

speakerdeck.com

  • 35歳プログラマー定年説
  • 定年を強いる圧力には、圧倒的な実力で倒す

雑記

ほとんどの発表を一番前の席で聞けたのは良かった。 通しですべてのセッションを見ると流石に体力が...

懇親会のチケットをもらい忘れたのでおとなしく帰りました